〒689-5665 鳥取県日野郡日南町下石見1829-103「日野川の森林(もり)木材団地」TEL:0859-83-612

  • Home
  • オロチブログ

節分 ~鬼はそと福はうち~ (22.01.27)

冬の寒風が身に染みる時期となり、日南町では、最低気温が氷点下になる日が多くなりましたが、積雪は例年より少ないように感じております。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

新年に入り大型物件のオーダーもいただきお陰様で相変わらずフル生産の状況が続いております。

皆様に喜んでいただける製品づくりができるよう、また、ご迷惑がかからないよう務める所存でございます。

 

さて、節分が近くなりました。各地域で様々な慣わしがあろうかと思います。

今回は節分について調べてみました。

節分とは、各季節の始まりの日の前日のことをいい、「季節を分ける」こと「季節の変わり目」も意味しています。

旧暦では、立春の前にあたる節分が年の最後だと考えられていたため、「これから始まる新しい1年が、不幸や災いがない1年になりますように」との願いを込めて、1年に1度、節分をこの時期に行い、また、季節の変わり目には邪気が生じると考えられていることから、それを追い払うために節分の行事が行われているとのことです。

 

【節分に食べると縁起の良い食べ物について】

大豆、巻き寿司」

豆は、昔は年や季節の変わり目に鬼がやってきて悪さをすると考えられていて、鬼を退治するために、季節の変わり目である節分に、霊力がやどるとされている大豆を食べるようにしたそうです。恵方巻にも、巻き寿しには福を巻き込むという意味があるそうです。

全国的にも「大豆、巻き寿司」は、節分にいただく定番の食べ物となっていると思います。

その他にも節分に食べると縁起の良い食べ物があるそうです。

 

「イワシ」

鬼は、イワシの生臭さやイワシを焼いた時に出る煙が大嫌いなのだそうです。また、節分ではイワシを飾る習慣も存在します。「柊鰯(ひいらぎいわし)」といって、柊の小枝に焼いたイワシの頭を突き刺したものを、戸口にかざります。柊も尖った歯が目を突き刺すと言われるため、鬼の苦手なものの1つです。イワシと柊のダブルパンチで、鬼を追い払う強い効果があると言われているそうです。

 

「こんにゃく」

こんにゃくも節分に食べられることが多いそうです。こんにゃくは食物繊維が豊富で、体の中の不要物を取り除いてくれることから、旧暦の大晦日に体を清める意味合いを含めて食べていたのだそうです。甘辛煮や味噌煮なども美味しいですね。

 

「蕎麦」

旧暦では、立春の前にあたる節分が年の最後だと考えられていたため、「年越し蕎麦」を節分に食べていて、年越しに蕎麦を食べるのは、他の麺類より切れやすいので「昨年の厄を断ち切る」という意味があります。

 

皆で美味しく食事をすることによって健康にもつながると思います。

また、意味を知ることによって会話も弾み家族団らんの食事が楽しくなりそうですね。

縁起のよい食べ物をいただいて旧暦の年初も気持ちよく迎えたいと思います。

☆2022年スタート☆(22.01.05)

謹賀新年

皆様には、幸多き新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

さて、日南町では昨年の暮れには大雪が降りましたが、比較的穏やかな年を迎えることができました。

降雪もこのまま少なく、原木の出材が一本でも多くなることを期待しているところです。

仕事始め式も行い、社長からは安全に健康第一で務めるよう、また、ユーザーの皆さんからLVLをお使いいただいた感想として、日頃から多くのお褒めの言葉をいただいていることから自信を持って生産しましょう。とお話がありました。

 

 

午後には安全祈願祭が行われ、役職員一同の安全、健康および会社の発展をご祈祷していただきました。

 

 

皆様には、今年も引き続き変わらぬご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

❄゜.年末最後のブログ.゜❄(21.12.26)

はや一年の締めくくりの月を迎え、皆様には諸事ご多用のことと存じます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

日南町では11月25日から降り始めて26日の朝には約30㎝程度の積雪があり、気温は日中でも氷点下となりました。27日朝には一晩で50㎝~60㎝の積雪があり、出荷にも時間がかかっている状況です。雪搔きは、出荷時の積み込みができるだけスムーズに進むよう、また、フォークリフト運転時や歩行時の安全面を考慮し、朝早くから資格保持者が除雪車を使用し行っています。一社員として感謝申し上げます。

 

 

北日本や北陸、関東や中国地方の山沿いを中心に大雪や吹雪となり、すでに交通機関に影響がでているところもあるそうです。高速道路などでも冬用タイヤ・チェーン規制や一部区間で通行止めとなる可能性があります。通勤通学時、この時期は帰省される方も多かろうと思います。くれぐれも移動の際には十分お気を付けください。

最後に、本年も大変お世話になりまして、ありがとうございました。お陰様で過去最高の年間売上を更新することができました。

来る年も変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。
向寒の折から、皆様お体を大切に、よいお年を迎えられますようお祈りいたしております。

日南生学校5年生☆.○゜見学の様子゜○.☆(21.11.24)

日ごとに寒気加わる時節となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

日南町でも11月23日(火)に標高1112.13mある大倉山の山頂がうっすらと雪化粧していました。

これから更に寒くなってきますので皆様くれぐれもお体にお気をつけください。

さて、11月24日(金)に日南小学校5年生 15名の生徒が林業を学ぶ目的で見学に来てくださいました様子をお伝えしたいと思います。

 

最初に森林サイクル等についてお話がありました。

今までは木を伐採した時点で曲がっている木は製品に出来ず使えないので山に捨てており、土砂災害の原因にもなりかねない状況であったが、オロチではそういった木材も使用し木材を選ばず製品化していることや、バイオマスボイラーを利用し熱に変えて工場内で利用していること、木を余すことなく使い切っていること、お客様のご要望に合わせた強度の製品を作っていること等の説明を受けている様子です。

 

 

次に、原木を1週間にどれぐらい使用しているのかどのような形の原木があるのか説明がありました。驚いている姿が印象的でした。

 

木質バイオマスボイラーでは建築廃材などの使用できなくなったチップや製品を作る時に出た端材などを燃やし、良質なチップは出荷して、新たな製品に加工されるとの説明がありました。

SDGsの陸の豊かさを守ることに繋がっていると一社員として日々感じております。

 

原木がどのような加工方法で製品化されているのか、実際に単板や製品を触って身近に感じられたのではないでしょうか。

製品の出荷先について、夏場には北海道から南は沖縄まで47都道府県の中で出荷していない県は全国で2県だけとのお話もありました。

 

質疑応答では、工程上の質問があった他、次から次へと沢山のお褒めのお言葉をいただきました。お話をしっかり聞き、自分の意見を発言できることは素敵だと思いますし、とてもまとまりのあるクラスだと感じました。

林業にも興味を持っておられるように感じました。将来仕事として携わってもらえたら嬉しいです。

見学を通して実際に体験学習や製品の加工の様子を見て今まで学んできたことが更に深まったと思います。

今後も色々なことに興味を持ち知見を深めてくださいね。

 

倉吉農業高等学校 ☆゜。視察。゜☆(21.10.25)

秋冷が爽やかに感じられる好季節となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

日南町では紅葉が始まりつつあります。

鳥取県には紅葉の名所が数多くありますが、日南町では紅葉の名所「石霞渓」があり、奥日野県立自然公園の景勝地で渓流の自然の構図が絶妙な景色を作り出しています。

黄金に輝く「旧日野上小学校のイチョウの木」もテレビに取り上げられることもあり観光名所となっております。

穴場スポットは「生山神社」、「樂樂福神社」で赤いじゅうたんは心奪われる紅葉世界です。

「菅沢ダム」の紅葉も趣があり綺麗です。

 

さて、10月25日に倉吉農業高校2年生 12名の皆様が木材産業の現場を見学し、理解を深める目的でお越しくださいました。

製造工程はもちろんですが、弊社では解体した廃材等のチップを使用し木質ボイラーで燃やした熱をエネルギーに変えて工場内で使用しており、環境にも配慮し「地球に優しく木を使い切る」ことを実践していること等、説明を受けているところです。真剣かつ楽しみながら学んでいる姿が印象的でした。

工場見学の後は実際に働いている社員との交流会が行われ、志望動機や仕事のやりがいなどの質問があり、地域に貢献できるよう地元に就職することを考え、現在は働き甲斐があるポジションにいることなどのお話がありました。

倉吉農業高校の生徒の皆さんお疲れ様でした。

これを機会に森林サイクルの活動や林業などに興味を持っていただけたら幸いに存じます。

そして、卒業後は1人でも多く林業関係の道へ進まれ、将来プロとしてご活躍されることを願っております。