〒689-5665 鳥取県日野郡日南町下石見1829-103「日野川の森林(もり)木材団地」TEL:0859-83-612

  • Home
  • オロチブログ

☆.。.〇春の訪れ.。.☆「板わかめ」(21.3.15)

日ごとに暖かい日が増えてきました。

松江では桜の開花が確認され、山陰両県にも待ち遠しかった春が訪れつつあります。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

弊社におきましては、嬉しいことに多くのご注文をいただきお客様のニーズに応えるべく頑張って生産しているところです!

さて、話は変わりますが、山陰地区では春の始まりをお知らせしてくれる食材のひとつ「板わかめ」はご存じでしょうか?

天然の「わかめ」を乾燥させた食べ物でとても美味しいです。

地元では、お茶請けやおつまみ、ご飯のお供として親しまれています。

調べてみると色々な召し上がり方がありましたのでご紹介いたします!

 

①.炊き込みご飯のトッピングに・・・「板わかめ」を握りしめ、粉々にして豆ごはんのトッピングする

②.漬物に・・・「板わかめ」を適当に敷く。野菜と「板わかめ」を交互にミルフィーユみたいに重ねる。重石を乗せて数日寝かせる。

③.韓国風おにぎり・・・ラップの上にごま油を塗り上から「板わかめ」を握りしめ散らし、ご飯を乗せて塩を散らしておにぎりにする。

④.チーズかつ・・・ささみでチーズを挟み、更に「板わかめ」で挟み衣を付けて揚げる。

⑤.「板わかめ」を握りしめ粉々にして海苔代わりにおにぎりにする。または、まぜご飯にしておにぎりにする。

 

販売店によって味が違うので食べ比べも楽しいと思います!

インターネット販売もされていますので興味をお持ちの方は是非ご賞味くださいませ。

霞のどんどさん(21.01.17)

凛とした空気の中、春の訪れを待たれている方も多いと思います。皆様いかがお過ごしでしょうか。

お正月から雪が降る日が多くなり雪かきをする日も多くなってきました。道路は除雪車で雪かきをしてくださっており比較的車の運転はしやすいですが、路面凍結にも注意が必要です。また、タイヤによって巻き上げられたや水分が詰まり、左右どちらかにハンドルを取られることもありますので安全に運転するためにも走行後はタイヤハウスの雪を取り除くなど対策が必要です。皆様お気を付けくださいませ。

また、気温も低く、朝夕夜はー5℃を下回ることもあります。

工場内も夜勤では氷点下になる日も多々あり、原木も凍結していることもありますが、貴重な原木を大切に扱いつつ、

皆で協力しながら頑張っております。天候や気温などの変化の中、今までの経験を活かしながら、皆様へより良い製品をお届けできるよう努力しております。

さて、今回は1月17日(日)に日南町指定無形民俗文化財の伝統行事である霞のどんどさんが行われた様子をお伝えしたいと思います。

 天気は晴時々雪でどんどさん日よりでした。足元は雪が深いところで40㎝程度積もっていたので歩くのにも不安定な状況でしたが、約100名の方が参加されていました。

 

 中央に立てられた1本の竹の支柱に8本の縄が結ばれます。その縄には各家で作られた”さる”のぬいぐるみやお菓子が結ばれています。

集まった人々はこの”さる”を持ち帰り、無病息災を祈ります。

 

 

竹の支柱の一番上には一番大きな”さる”(天下と言うそうです)が飾られています。

天下を取ると今年一年は幸運をつかむ事が出来るなどの言い伝えがあるそうです。

 

竹の支柱の下には各家の正月飾りや昨年のお飾りやを置いてそこに点火をし、支柱が倒れた後に”さる”の争奪戦が始まります。

今年の天下は誰の手に渡ったのでしょうか。

 

 

当日は朝から役員の方々が準備をしてくださっていました。寒い中の作業となり大変だったと思います。ありがとうございました。

 

 

第15回定時株主総会を執り行いました。(20.12.10)

 

2020年12月10日(木)弊社会議室において、第15回定時株主総会を執り行いました。

 

 

 

全ての議案に関して賛成多数で議決されました。

株主の皆様をはじめ、関係各位の皆様より多大なるご尽力を賜りましたことに厚く御礼を申し上げます。

今年はコロナウィルス感染防止のため座席に間隔を広げることから、ご用意できる座席数に限りがある状況でございました。

多数の株主の皆様が議決権行使をいただいたこと、また、当日お越しくださいました株主の皆様に感謝申し上げます。

今後とも株式会社オロチに変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

 

日南小学校5年生~森林学習~(20.11.20)

鳥取県西部に位置する大山(標高1,729m)で11月4日に初雪が観測されました。

日南町内でこれまでに氷点下の気温を観測した地区もあり、朝夕の風が冷たく感じる季節となりました。

寒い冬はもうすぐ到来しますが、体と心は温かく、また、健康に留意しながら日々過ごしていきたいと思っています。

さて、今回は11月20日に日南町立日南小学校5年生の工場見学の様子をお伝えしたいと思います。

 

 最初に、オロチにおける森林サイクルをDVDや図などを用いての説明を受けている様子です。

 

 

 

次に工場見学の様子です。ボイラーでは、どんなものを燃やしているのか、ボイラーの燃焼温度などについて興味深々に話を聞いていました。

クイズ問題が出題された時は積極的に考えたり、答えたりして、楽しく学習している姿が印象的でした。

将来、見学された生徒さんの中からボイラー技士になる方がいらっしゃるかもしれませんね!

これを機会に森林サイクルの活動や林業などに興味を持っていただけたら幸いに存じます。

 

 

見学の様子。○。゜鳥取県立鳥取聾学校ひまわり分校゜○。(20.10.16)

日増しに朝夕の肌寒さが身にしむ季節となってきております。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、鳥取県立鳥取聾学校ひまわり分校の生徒さんが視察にいらっしゃいました。

本日、午前中は昨年4月に開校した全国初の町立の研修施設である、「にちなん中国山地林業アカデミー」にて

樹木の伐採作業を行われたようで、このような作業を通じての学びは貴重な体験となったのではないでしょうか。

㈱オロチにおける森林サイクルや作業工程についての説明を受けている様子です。 

 

弊社の工場見学中も真剣な眼差しで説明を聞き、時折メモを取っている姿が印象的で真面目で勉強熱心な生徒さん達だと感心しました。

 

最後に質疑応答の様子です。「失敗した製品が出来たらどのように対応するのか」などの質問がいくつかありました。

興味を持って積極的に質問をすることは知識を増やすことにも繋がると思います。今後も興味の幅を広げて色々な事にチャレンジしてほしいと思います。

 

先生に話を伺ったのですが、コロナ禍の影響で2泊3日京阪神方面の修学旅行が出来なくなり、県内日帰りの修学旅行に方向転換されたそうです。

研修の中で色々な体験を通じて学び知る機会となってほしいとの先生方の思いもあり、施設見学や研修を計画されたそうです。

生徒の心を読んでさりげなくサポートをされていた先生方にも感動いたしました。

また、視察にお越しください。お待ちしております!